安室奈美恵ファンが浜崎あゆみのライブに行ってみた。【沖縄ライブレポート】

沖縄ライブレポート

今年2月20日に沖縄で行われた「ayumi hamasaki LIVE TOUR ーTROUBLEー 2018ー2019 」へ参戦してまいりました。

安室ちゃんとよくライバル視される浜崎さん。私は安室ちゃんが昔活動を控えめにしてた頃あゆのCDも買ったりカラオケで歌ったりとだいぶハマっていました。

なのでどっちも好きだー!ということで「え?あゆが沖縄くるの?」と知り慌ててチケットを購入。

ツアーで沖縄公演は2度目

以外にも沖縄で初単独ライブは去年2018年2月19、20日が初めてで、今回2度目の沖縄公演になるそうです。(去年も行きたかったけど安室ちゃん引退でそれどころではなかった。。。)

これからも毎年来てくれると嬉しいですね。ここ5年くらいで、沖縄公演をおこなってくれるアーティストさんが増えている気がします。

正直沖縄県出身のアーティストさんしかライブをしないイメージだったので、これからもどんどん増えてくれると嬉しいです。

ファンの方も旅行がてら来れますし、沖縄の観光も賑わいますので良いことづくしです。

浜崎あゆみのライブへの参加不安

浜崎あゆみさんのライブチケットをゲットできたのは良いものの、「最近の曲しらな~い涙」という状況。(ファンの方本当に申し訳ありません汗)

でも昔は歌詞カードがくしゃくしゃになるまで聞いていたのは本当です。

CDを借りに行く暇もなんだかんだで無く、そのまま当日を迎えてしまいました。

あゆファンがいっぱい!

昔の曲も歌ってくれると信じていよいよライブ当日。あゆのTシャツやカバンなどライブグッツを身に付けたファンが沢山いらっしゃいました。

私は今回1人で参戦!なので目立たないよう端っこで待機。座席も1階の一番最後の列とまぁまぁトイレに行きやすい席でした笑。

沖縄コンベンションセンターはすべてがアリーナ席

座席についてですが、沖縄コンベンションセンター劇場棟、展示棟は本土のドーム会場なんかよりは当たり前にだいぶ小さいわけで、一番後ろの席でもドームでいう「アリーナ席」くらい近いです。

つまり、本土からファンが殺到するわけですね~!でも気持ちもわかりますよね!どこに座っても近いんだった多少飛行機代を出してでも行きたいですよね。

沖縄県民はその逆で、「飛行機乗ってまではちょっと、、、」どうしても思ってしまうのです。本当はもっと沢山のアーティストさんのライブに行きたい!もっとお金があれば行きたい!

すみません。心の叫びでした。

いよいよ浜崎あゆみライブ開始

バラードの歌姫、ネットで叩かれているニュース いろいろちょっと心配。。。でしたが見事に期待を裏切られました! もちろんいい意味で。

生歌がすごい

やっぱり安室ちゃんと肩並べるだけあるな! 演出頼りっていうこともなく、あのCDの声そのままの生歌でした!(口パクでも気づかない) 逆に生歌に演出が必死についていっている感じでした。

もう歌姫と言うより、まさに日本の音楽界の女王的な感じでしたね。 私がとくにしびれたのが「行くぜ!沖縄〜!」でした。あれ、「着ボイス」で配信してくれないかな?っていうくらいかっこよかったです。

ずっと動きっぱなし

そして、純白のバラードの歌姫のイメージ(古い?) を見事にぶち抜く激しい楽曲ばかりで、不安要素だった「曲を知らない」でも自然と体が乗っちゃいました。

今回のライブではバラード2〜3曲?くらいしか歌ってなかったと思います。 あとはダンサーに負けないアグレッシブな動きを歌いながら披露していました!

ライブを終えての感想。

「待って、今年40歳だよね。。。なにこの体力」 っていうくらい歌のボリュームは落ちないし、パフォーマンス力がとにかく半端なかったです。 何より大人の妖艶さがすごすぎました。

あゆは昔ダンスを踊るイメージではなかったですが、魅せ方パフォーマンス力を磨いてきたっていうのはやっぱりあるのかな? ファンをステージに上げたり、タッチしたり。 安室ちゃんではなかったパフォーマンスもしっかり見せてくれました。

ほんと「私は私らしく」っていう想いがすごく伝わって来ました。 しかしネットなどでも言われていた「キーの音域が出ていなかった」という場面は確かにありました。そこを別のキーの音域でカバーしているという印象。

しかしネットで言われているよなひどいものでもなかったですし、ほとんどのアーティストでもあることだと思います。喉を労わっている感じもました。

それ以外は完璧でまた行きたい!というのが率直な感想です。

music.jp
タイトルとURLをコピーしました